Menu

在宅介護の負担軽減で利用したい訪問介護

訪問介護とは1日のスケジュールの中で時間を指定して、その時間帯だけホームヘルパーが炊事やトイレなどの世話を行なってくれるサービスのことだ。この訪問介護が増えているのは、要介護者と介護をする側のニーズが合致しているからといえる。
過去においては症状の度合いがどうあれ、要介護者になった段階で福祉施設に入所していたのが流れである。しかし住み慣れた家から別の場所に住居を変えるというのは精神面での負担が大きく精神疾患のリスクを伴うのだ。さらに入所させる側も、施設に追いやるような感じになり精神面の負担も大きい。
さらに近年の急激な需要の増加による入所の順番待ちや、利用できたとしても月々に支払う料金が負担となり断念せざるを得ない場合も考えられる。
そこでお互いのニーズを考慮して、最終的に行き着くのが訪問介護ということになるのだ。

訪問介護を利用すると、指定された時間だけ介護を忘れて趣味や仕事などに従事できる。そして要介護者も住み慣れた家で過ごすことができるので、自宅にいる全ての人間の心の負担が大幅に軽減されることになるのだ。そして指定された時間が終われば家にいる者が介護する側に戻ることになる。
ホームヘルパーのサービスとして炊事や服の着替えそしてお風呂や入浴の仕方など適切なアドバイスもしてくれるのである。料金も福祉施設に入れるよりも安くなるのでお勧めだ。

両親に世話になったからといって、介護に全てを捧げてしまえば心体に負担が大きくなってしまい生活が破綻してしまうリスクが伴う。その状態にならないためにも、自宅介護を選んだ場合においては恥ずかしがらず訪問介護を選択してほしいのである。